ケン

下弱K×2→弱K→波動拳
ヒット確認から。めくりから等、安定したいときはコレで。自信があるなら、アッパー昇竜や中足烈破で。
近強P→中昇竜拳
アッパー昇竜。近強Pのゲージ回収がハンパ無いので、確認できるなら積極的にいきたいところ。
ガードでも結構増えるので、ガードは確認から波動で。
J強P→下中K→強波動拳
飛び道具に飛び込んだ時などはこれで。正面からの飛びの場合はこれで安定だろう。
OC
中発動 弱昇竜→遠強P→強昇竜→(遠強K→強昇竜)×α→端到達→(近強P→強波動(空))×α→各種締め
基本OC。対空対地どちらでもOK。運びパーツはさくら、ロレントには入らないので、注意。
締めパーツ
近強P→昇竜拳 
ゲージ回収が手軽にできる。余裕がないならこれで。

近強P→波動(空)→下中P(空)→垂J弱K→着キャン歩き→{J強P×α→近強P→昇竜拳}
エリアルパーツはこれで。光りぬけが怖いものの、着キャン歩きによる中発エリアルのなかでは回収率はかなり高い。

2Pエリアルパーツ
めくり中K→着キャン歩き→{後J強P→前J強P→めくり中K→J強P→J強P→近強P→昇竜拳}
2Pはこれで。着キャン歩きで高さを出してやれば問題なくいけるはず。
高さによってJ強Pの回数で調整してやる事。大事なのは最後のアッパー昇竜なんだし。
画面端弱発動 強波動→近強P→強波動→遠強P→強波動→((レバー→強K(空)→強波動)×α→(下弱K→強波動)×α)×α→レバー→強K→下中(空)→残像ヒット→各種締め
Vケンの王道といえる前進波動拳。これはコンボとしてのパーツ。
インフレ狙いでガードの上から行く場合は下弱P→波動スタートで、以下の下弱Kを下弱Pに置き換えておくと良い。
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット