かりん

めくり中K→下弱K×2〜3→各種必殺技
基本コンボ。紅蓮拳で締めるのが一般的だが、Zならスパコンもありだろう。
さくらのようにしゃがまれると下弱Kから紅蓮拳が繋がらない相手には烈尖頂から烈尖頂肘に繋ぐか、無尽脚で持ち上げて強Pで追い討ち等々。
紅蓮拳のパーツとしては紅蓮拳×2→紅蓮楔(通称紅蓮スラ)が一般的。ここからめくりでループするのが強力。
ダメージ重視なら紅蓮拳×2→紅蓮頂肘。
紅蓮拳×2→紅蓮無尽脚から強Por神月流皇王拳、画面端ならOC発動もいい選択枝だ。
ガードされた場合は紅蓮夜叉に移行するか、2段止め、遅らせて紅蓮楔等々の選択肢があるので、相手に合わせて使い分けるといいだろう。


J攻撃(JC)→J強K→中P→弱紅蓮拳×1〜2→紅蓮頂肘
着キャンコンボ。紅蓮拳は相手の高さを見て調整しながら入力すること。立ち回りでのゲージ回転に問題のあるキャラなので
こういうところでしっかりと回収したい。


OC
全発動 下強K→レッセンハ→強荒熊いなし→以下追い討ちへ
ダウン投げOC。このあとは烈尖頂で拾ってもよし、再度レッセンハから起しても良しと選択の幅は広い。

強発動 強荒熊いなし→(中列尖頂→烈尖頂肘(空)→強崩掌)×α→端到達→強崩掌×α
基本OC。OC中の荒熊いなしの隙をキャンセルできるバグを利用してのOC。荒熊後の列尖頂のコマンドは6321+Pになるので注意。
崩掌を出したい場合は4123+Pで。
ダウン投げからでも直接光って掴んでもOK。発動から荒熊いなしまでが確定なので、確定状況はかなり多い。


中発動 強荒熊いなし→(中列尖頂→烈尖頂肘(空)→強崩掌)×α→端到達→強崩掌×α→J弱P→着キャン歩き→{前J強K×α}
1Pエリアル。割り込みで使う際は列尖頂→烈尖頂肘→崩掌でスタートしてもいい。
このエリアル中にゲージが50%たまるので、最発動で実質永パになりうる。
最発動のパーツは昇りJ中発動→J弱K→着キャン歩き→J弱P→着キャン歩き→{前J強K×α}等があるが、ゲージ量によって使い分けが必要。
1P限定のエリアルなので、2Pの場合は以下。


中発動 強荒熊いなし→(中列尖頂→烈尖頂肘(空)→強崩掌)×α→端到達→強崩掌×α→J弱P→着キャン歩き→J中K着キャン歩き→{J強K×α}
2Pエリアル。めくり中Kの時点で50%近く必要なのが厳しい。が、全然実用的。端から端までJ強Kで運んだ時点で50%たまるので、最発動で永パ。
最発動のパーツとしては、昇りJ中発動→昇りJ弱K→着キャン歩き→J中K→J弱P→{J強K×α}で。
画面端の紅蓮無尽脚後の追い討ちにもこの際発動パーツはつかえるので、覚えておいて損はない。


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット